よこはまの司法書士日記

ブログをご覧いただきありがとうございます。横浜市瀬谷区の司法書士です。HPはこちらhttps://oasis-lawoffice.com/

成年年齢の引き下げについて

こんにちは。司法書士行政書士の廣澤です。

 

さて、今日は成年年齢の引き下げについて気になったので、ちょっとまとめて触れてみます。法務省において、このようなページが設けられておりました。

 

法務省:民法(成年年齢関係)改正 Q&A

法務省PDFはこちら

 

 

皆様ご存知の通り、令和4年4月1日から、18歳以上の方は成人となります。

令和4年4月1日時点で18歳の方は、その時点から成人になる扱いのようです。

※ただし、たばこやお酒、ギャンブルなどについては引き続き禁止されています。

 

 成人すると何ができるようになるかですが、18歳から単独で契約をしたり、ローンを組んだり、クレジットカードを作成できたりするようです。親の同意がいらなくなるという事ですね。

 

 このほか、司法書士含む一部国家資格は20歳でなければ登録できませんでしたが、18歳から登録できるようになります。平均年齢約50歳の業界で、18歳の最年少司法書士が誕生するのはいつ頃でしょうか?とても楽しみですね。 

 

 

なぜ、18歳に成人年齢が引き下げられるのでしょうか?

そこは最初に触れられていますね。

Q1 どうして民法の成年年齢を18歳に引き下げるのですか?

  我が国における成年年齢は,明治9年以来,20歳とされています。
  近年,憲法改正国民投票投票権年齢や,公職選挙法の選挙権年齢などが18歳と定められ,国政上の重要な事項の判断に関して,18歳,19歳の方を大人として扱うという政策が進められてきました。こうした政策を踏まえ,市民生活に関する基本法である民法においても,18歳以上の人を大人として取り扱うのが適当ではないかという議論がされるようになりました。世界的にも,成年年齢を18歳とするのが主流です。  成年年齢を18歳に引き下げることは,18歳,19歳の若者の自己決定権を尊重するものであり,その積極的な社会参加を促すことになると考えられます。

 

確かに、次のページにも記載されていますが、国際法では18歳未満を児童(子ども)と定義しており、世界では18歳から成人というのがもともと主流のようです。

子どもの権利条約 | ユニセフについて | 日本ユニセフ協会

 

概要のまとめは次のようなニュースサイトなどで見ておけば充分そうですね。

ついでに法律の変更点も読んでおけば理解はバッチりだと思います。

成人年齢引き下げで18歳の義務と権利はこう変わる!

法務省新旧対照条文はこちら

 

18歳に引き下げが行われるとはいえ、養育費の請求は18歳になるまでということになるようですが、離婚協議書作成時には、いつまで養育費を支払うのかという点については明確に記載しておいた方がよさそうです。

 

 

一番注目すべきは?

やはり、18歳から単独で法律行為(契約やローンを組む、クレジットカードを作る等)ができるようになることでしょう。

この点はちょっと心配ですね。

若い子は悪い人に狙われやすいので、一時的に様々な被害が増加し、新たな社会問題が発生することが予想できます。実際にQ5でもそのことの記載がありますね。消費者相談窓口に相談したり、訴訟したとして支払った代金が回収できる保証はありませんから、未成年のお子様とは密にコミュニケーションをとっておくことが必要になりそうです。

 

では、長くなりましたので、今日はこのへんで。

 

 

住宅ローンの完済

こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

住宅ローンを完済すると、ようやく行うことができる、めでたく嬉しい登記。

それが抵当権の抹消です。 

 

住宅ローンを完済。素晴らしい響きですね。

完済された方の中には若い方もたくさんいらっしゃるので、皆さんほんとにすごいなぁといつも思っています。

 

さて、この抵当権抹消について。

今日は法務局職員(匿名なので恐らくですが…)の方がしていたツイートを引用して少し登記についてのお話でも。

 

 

 

 

最近、一般の方(金融機関の方や、法律に詳しいという知人)で、

「相続や抵当権抹消などの登記は、法務局に行けば簡単にできますよ」

と、このようなことを口にする方がいて、ひどいなぁといつも思っています。

 

ひどいというのは、アドバイスされた方が可哀想という意味です。

 

 

実際に、登記に慣れてない方が手続きを進めようとすると、少なくとも法務局に複数回通って相談を行うことになるでしょうし、1ヶ月ほど申請の準備や申請後の対応に時間がかかるのではないでしょうか。(相続登記なら数カ月は最低かかるでしょう…。)

 

また、登記相談窓口はあくまで手続案内にとどまるため、登記が完了するという保証もありませんから、そのような特殊な取り扱いへの理解もめんどくさすぎて、イライラを募らせることになると思います。

 

 

ただ、抵当権を消したいというだけなのに、とっても大変でめんどくさいですよ。

 

労力だけでなく、精神まで削られてしまいます…。

 

 

 

もし、その「簡単にできたよ」と言っている知人が、なにごともなく登記ができたのであれば、それはたまたま落とし穴に落ちなかっただけです。ラッキーだったわけですね。

 

また、

ラッキーだった人の話をまた聞きして”なんか登記は簡単そう”と思っている人が、

“お客様に信頼されたい”という利己心で、お客さんに適当なアドバイスしているケースが多い気がします。

付け焼刃の知識で自分よがりなアドバイスは、誰も幸せにしないのでやめてほしいですね。

 

 

金融機関の担当者や、自称○○アドバイザー、コンサルタントなる人達などはあくまで素人ですから、法律事務に足を踏みいれてしまう前に、一度お近くの専門家に詳しい話をお聞きくださいね。弊所でも親切丁寧にご質問にお答えしています。

 

そのうえで、「時間もあるし、やってみたいし、これなら自分でできそうだな!」とお思いになった時には、ご自身で登記申請をされるご判断をされるというのが、最も効率的なのでおすすめです。

 

では、長くなったので今日はこの辺で。

 

労働

こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

いきなり変なテーマですが…

労働者と奴隷の違いってなんだろう?という、

最近読んでる本からふと思った身もふたもないことでもつらつらと考えてみようと思います。

 

人間関係や職場が自分にあってなかったり、しんどい環境で働いている人は意外と多いと思うので、そこから抜け出すためのひとつの知識として誰かの役にたつのではと思い記述してみました。

 

※倫理は邪魔になるので、一旦無視して書いてます。繊細な方は閲覧注意です。

 

 

 

レンタルか所有か

 

すぐにわかるのは待遇の違いですよね。

これは大まかに【レンタルか、所有か】で分けて考えるとある程度は説明できます。

シンプルにレンタルが労働で、所有が奴隷ですね。

 

 

①レンタルと労働

 

労働力で生み出す生産物を獲得するために、雇用者が労働者との間でサブスク(正社員)又はレンタル契約(短期バイト等)をし、生み出した生産物や価値は雇用主が全て獲得するという仕組みになっています。

 

わかりやすいようにCDのレンタルで例えてみます。

雇用主はCDを借りてきて、例えば自らの運営する会場で音楽を流し、その場代をもらうことでCDに支払う費用以上の利益を生み出すことが本業だとしましょう。

 

利益を生み出すCDですが、借りものですから契約上の決まりがあります。

1.1日の再生時間数が決まっていて、超えると追加費用が発生する

2.返却時まで元の綺麗な状態で保たないと損害を請求される

3.返却期限を守らなければその分追加費用が発生する

4.CDが生み出した利益は雇用主のもの

5.CDの手入れや維持管理コストは自己負担

 

ただし、雇用主はこのルールをよく無視します。

ルールを破って労働者を使い倒すほど余った価値は手元に残りますし、ルール違反への取り締まりは甘いからです。

注意が必要ですね。

 

ちなみに、雇用主がルールを無視することは資本主義の起こりからすでに予見されていたそうです。

 

そのため、「労働者は団結しないと、一方的に損をしますよ!」と昔から警笛が鳴らされていたので、労働法などが整備されたとのこと。ただ日本では長い間、労働組合等の団体が頼りにならないという状況だったみたいです。

 

ルールを破るといえば、ブラック企業が典型例ですね。

ブラック企業の出現が予見されていたというのは、恐ろしいことです。

SNSの発達で労働者の団結が容易になったので、労働環境が一気に改善されたのかもしれません。

現代に生まれてよかったですね。

 

 

② 所有と奴隷 

 

「人」という商品を買うのが奴隷のようです。人を所有物扱いするので、壊してもいいし、長く労働に利用したいなら丁寧に扱う事もあるとのこと。

 

よく映画などで取り上げられるように、逃げ出そうとするとムチ打ちにされたりなど、暴力で人が管理されるということも頻繁に行われていたようです。

 

反対に、最近読んだ本には、奴隷だけれども、ドアを1日開いたり閉じたりするだけ(自動ドア係)の人もいて、ご飯もちゃんと与えられ、妻や子供を育てさせてもらっており、とても大切にされていた人もいると書いてありました。

 

現代の労働者より楽な生活をしている奴隷もいたということです。

 

人を買って、人を自由に利用するというのが奴隷ですから、買った人次第で待遇が変化するというもののようですね。

 

何もこれは昔の話ではなく、現代でもあるというのが怖いところです。

 

 

今やっている労働は、レンタルか所有か

 

大切なのはここですよね。

この記事を書いた理由は、よく次のようなことを耳にするからです。

 

・やめようとしてもやめられない (またはそう思い込まされている)

・指導という名の暴力を受ける

パワハラモラハラ、セクハラがある

・残業代、給料未払い 

・懲役のような雰囲気の事務所 

・鬱になってしまった

 

レンタルした労働者は、労働者自身に元の状態で返却しなければならないので、暴力はもってのほかですし、精神を傷つけることも、対価を支払わないのも全て契約違反ですよね。もしそうなったのなら、契約相手の労働者に損害を賠償しなければならないはずです。

 

しかし、これまではネットが普及しておらず労働者も無知でしたし、取り締まりも損害請求の嵐が来る可能性も低かったので、雇用主は当然のようにレンタル関係を曖昧にし、所有物として労働者を利用してきたようです。

 

これはその人達が悪いというより、社会の仕組みが人格化しただけということで、自然現象のようなものなのかもしれませんね。

 

 

現在とりうる手段として考えられるのは、SNSで拡散して糾弾する仲間を募ったり、外部の労働団体を頼って団結するか、辞めるという選択でしょうか。

 

将来のことを考えれば、団結して戦う時間は使命感などがないかぎり余計なコストになってしまうので、周囲の力を借りてさっさとそんな組織からは逃げてしまうのが良いように思えます。

 

一旦逃げてしまえば、あとは立場を利用してレンタルを売買契約にすり替えようとしない誠実で働きがいのある風土の組織を探すか、職種を変えるために勉強するか、自ら事業、副業を始めるかなどを考えればよいだけですから、まずは行動するのが良いかもしれませんね。

 

職種でいうと、例えばパワハラなどは、怒鳴れば怒鳴るほど成果になる営業職などでは未だ横行しているようですが、怒鳴っても仕方がないプログラマーなどの場合は少ないそうですから、転職するだけで避けることも可能です。

ただし、このあたりは別の問題が新たに出てくる可能性もあるので、転職のプロに選択をゆだねた方がよさそうですが…。

 

どうか自分を大切にしてくださいね。

 

 

この記事は、社会保険、福利厚生を全く考慮せず書いていますので、また機会があれば別の角度から掘り下げてみたいところですね。 

 

長くなったので今日はこのへんで。

 

 

 

 

*最後に参考になった本や映画を添付しておきます

 

Amazon f:id:shin-910710:20210909105507j:plain   Amazon

 

 

ストレングス・ファインダーと才能について

こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

急に寒くなりましたので、風邪をひかないように気を付けたいですねぇ。。

 

ブログに実務的なことをあまり書いても仕方ないので、今日は僕が最近読んだ本のうち面白かったストレングス・ファインダーについてご紹介したいと思います。

 

才能ってなんだろう

 

「自分には才能なんてない…。」

 

こんな風に考えている人(読む前の僕の事ですが)には才能診断ツール(ストレングス・ファインダー)がおすすめです。

 

僕は最近知りましたが、下記の本がもともと有名みたいですね。

 

 

さあ、才能に目覚めようAmazon

 

この本によると、才能は誰にでもあるという事のようです。

 

本の最後にディスクがついており、無料診断を行えば自分の才能の上位5位までを知ることができます。(有料版は34位まで全て)

 

 

みんラボというラジオとこの本からの引用ですが、

才能とは「欲求の実現過程で低負荷で行う感情、思考、行動のパターン」との事。

簡単にいえば、無意識に普段からやっている事のうち、成果につながるものを才能と定義しているようです。

いろいろ思いあたるものがありますよね。

 

 

才能の発見

 

ストレングス・ファインダーでは次のように34種類の才能の中からあなたに近い性質を診断することができます。

 

f:id:shin-910710:20210906103907j:plain

引用:八木仁平公式サイト

 

 

 

そして、その傾向というのが次の表をみるとさらに詳しくわかります。

f:id:shin-910710:20210906104227j:plain

 

f:id:shin-910710:20210906104253j:plain

引用:みんラボ公式サイト 

 

 

才能の活用

この本を読んで思いましたが、才能を知ってどう活かすのかが一番大事ですよね。

ただ、活かし方は人それぞれにも思えます。

 

なので、この記事を書いている僕を例に出して考えてみます。

僕の場合、上位5位までが次のようになります。 

 

1.公平性 個人より全体尊重 

2.規律性 習慣を作る

3.戦略性 道筋をいくつも考える

4.内省  深く考える

5.収集性 情報への好奇心

 

このようになりました。

欲求に対して、情報を集めてしっかり考えて道筋を決め、自己中心にならないようにコツコツやっていくクラスの端っこタイプだなというのがある程度把握できます。

 

そして、上の表を見る限り、営業職、スタートアップ、芸術、カウンセラー、接客などには全然向いていない事がわかりますよね。

 

それなのにもかかわらず、僕は過去に、美容師になろうとしました。

 

そして、向いていないと即座に判断して業界を退いたわけですが、美容師は明らかに感覚タイプの傾向を求められていますよね。

 

奨学金を借りて専門学校を出て都会にまででて、即辞めるほどに向いていなかったのです。学校に入る前に、すぐに気づく事ができればよかったんですけどねぇ。

さすがに子供なので自分の事なんてよくわかっていませんでした。

 

 

こんな感じで、仕事の選択時の自己分析に利用すれば、

事前に職業のミスマッチが起こらずに済むという点で、活用できるのではないかと思います。

 

 

 

才能と強み

これもみんラボ(ラジオ)からの引用ですが、才能には発動条件があるそうです。

いつもいつも自分の才能が活かされるわけではないという事ですね。

 

 

僕の場合は常に一人で動きまわれることや、フラットな関係性のグループに属している時かなぁと何となく思っています。 

 

上下関係のある一般的な組織にいると、自分の目標から逆算して考えた戦略が実行できないので、公平性と規律性が前面にでてしまい、機械のように働きただ搾取される人になってしまいますから、恥ずかしながらそもそも勤め人が向いていません。

 

組織に属すとストレスで発狂しそうになるんですが、逆にルールで縛られないと不安という方もたくさんいますから、これも才能なのかもしれません。

 

冒険タイプの深井さん(みんラボパーソナリティ)などは、堅実性の傾向がないため、大企業に勤めた時に才能が発揮できず、経営者になることでその才能を発揮できるようになったんだそうです。 

 

このように、才能の発動条件は自分で自分を実験し続けてみる必要がありそうですね。 

 

 

魅力について

もしかすると、人は自分の才能と真逆の方向に魅力を感じるのかもしれませんね。

 

僕の場合は理性的すぎるので、感覚タイプの職業に魅力を感じ、見事に大失敗をしたわけで…

 

同様の事は人間関係においてもあてはまります。

 

 

最近SNSで5歳下の優秀な方が、

「魅力とはほどよい距離感における比類なき加害性である」と言っていましたが、

魅力を感じるものに近づいてはいけないという事かもしれません。 

 

 

 

長くなりましたが、こんな感じで読書記録のようなものを残せていけると頭の整理にもなってより良いかもしれないかなと感じてます。

今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

法律相談会と地域ケアプラザ

こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

昨日は地域ケアプラザでの法律相談会に行ってきました。

 

そこで気づいたのですが、そもそも地域ケアプラザとは何をやっているところか知らないという方が多いのではないかと思い、調べてみましたので、そのことについて触れたいと思います。 

 

まず前提として、厚生労働省は、2025年を目途に、「高齢者(障害者の方も含む)の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築すること」に取り組んでいます。

 

次の画像をご覧ください。

 

 

端的に、地域全体で体の弱い方や、精神障害のある方などを支えていきましょうという仕組みづくりをしているという事です。近隣の繋がりなどが薄れてきているなかで、今後の生活が心配な方はたくさんいますから、そのような方が孤立してしまわないようにしようというものですね。

 

左下に「地域包括支援センター(高齢)」という記載がありますよね。横浜市の場合は、「①地域ケアプラザ」と「②一部の特別養護老人ホーム」に設置されており、保険、福祉、医療工場、虐待防止、介護予防など総合的なアドバイスや管理業務を行っています。

 

つまり、高齢になり普通の生活を送ることが難しかったり、体が弱く不安がある場合によろず相談に乗ってくれる専門家がいるという事です。具体的には保健士社会福祉士、ケアマネージャーさんなどが様々な相談に乗ってくれます。

 

そして、地域ケアプラザは地域包括支援業務以外にも次に記載したようにいろいろなことをやっている施設で、誰でも自由に出入りすることができます。

1.地域活動・交流・ボランティア・各種講座

2.デイサービス

3.ケアマネージャーさんによる居宅介護のプラン作成

地域ケアプラザPR動画 ~悩みを相談できる場所編~ - YouTube

 

瀬谷の阿久和にもありますが、小さな図書室もあり、勝手に入って大丈夫ですから、気軽に相談に行けますよね。

 

 

 

 

次に、再度画像の左下を見てみると、「基幹相談支援センター(障害)」という記載がありますよね。

 

地域ケアプラザは主に高齢者の方向けの支援施設なので、それとは別に横浜には「障害者地域活動ホーム」という施設も設けられており、そのうち、「社会福祉法人型障害者地域活動ホーム」に基幹相談支援センターは設けられています。こちらは障害のある方やそのご家族への総合的な相談を受け付けています。 

 

沢山ありますので、こちらからご覧ください。 

障害者地域活動ホーム・多機能型拠点 横浜市

基幹相談支援センター:パンフレット

 

どちらに相談に行ったにせよ、そこには専門家がいて、親切にいろいろな相談にのってくれますし、生活状況にあわせたサービスを教えてくれたり、相談窓口を紹介してもらうこともできますので、困ったらまずは相談に行ってみるというが一番良いと思います。 

 

では、今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Excelの小技

こんにちは。司法書士の廣澤です。 

 

最近の大きな出来事としては、愛犬保護団体から1歳の子犬を引き取り、家族にむかえたことでしょうか。

 

1歳の雄のチワプーで少し体は大きめ。名前はギリシア語で神の贈り物という意味の「テオくん」にしました。 

 

5年前に引き取った8歳の子と仲良くなってほしいなぁと思っていたのですが、体も小さいのでマウントをとられ、きてそうそう犬同士の序列が決まったようです。(笑)

 

ここだけの話、ペットショップなどは無くなればいいのにと思いますねぇ。

 

 

 

さて、話が飛び飛びで題名と関係のない話をしてしまいましたが、

最近みつけたエクセルの小技について。 

 

これ、すごく便利だと思ったのでぜひ使ってみてください。

 

 

経理CSVを作成してる時などに、次のような「円」が含まれた金額に遭遇します。この「円だけを消したい!!」って時ありませんか?

 

f:id:shin-910710:20210829091732j:plain

 

知ってる方は知っているやり方みたいなのですが、これを3クリックで簡単に消すことができるのです。

 

1.ホームタブの編集の検索と選択をクリック

f:id:shin-910710:20210829091720j:plain

 

2.上から2番目の置き換えをクリックします 

f:id:shin-910710:20210829091956j:plain

 

3.検索する文字列に円をいれて、置換後の文字を空白にし、「すべて置換(A)」をクリックします。

f:id:shin-910710:20210829092021j:plain

 

これだけです。

この通り消えました!

f:id:shin-910710:20210829092229j:plain

 

Excelはまだまだ使える機能が隠されていそうですね! 

 

 

追記

 

ついでにもう一つよく使うショートカットを一つご紹介しておきます。

 

「 Ctrl + ; 」これで今日の日付を一瞬で入力できます。ご存知でしたか?

 

 

では今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登記のあれこれ

こんにちは。司法書士の廣澤です。 

 

今日は、よくあるご質問にまとめてお答えします。 

司法書士選択の際の参考になさってください。

 

 

1.「登記を安く済ませたい」

 

登記を安く済ませたい場合に、費用削減できるところは、専門家への報酬くらいですので、そこを安くしたいという事になりますと、まずは司法書士選びが重要になります。

業界事情として、古き良き業者紹介の司法書士などは相見積もりされないので報酬が高額であることも多いですから、ご自身で探すのがお勧めですね。

まだまだ、ご自分で司法書士探しをする方は全体として少ないかもしれませんが、司法書士は自分で探して依頼するのが普通というお考えの方が、今後は増加し続けると思います。皮膚感覚として、若い方はそのようにお考えの方が多いです。

 

あとは、なぜ登記手続きが独占業務になっているのかというと、もちろんそれなりのリスクがあるからですので、自己責任という事にはなってしまいますが、ご自分で登記するというのが最もお安く済む方法かもしれませんね。

ただしこれはあまりお勧めできません。ポジショントークということでもなく、端に割に合わないからです。

 

思いつくだけでも、原本還付し忘れたり、登記識別情報を貰い忘れたり、平日に何度も法務局に通ったり、専門書を買ったり、法務局で相談予約したり… 

さらに、後日損害が発生する可能性なども考えるとむしろすべての労力が無駄どころかマイナスにさえなります。

 

登記は簡単そうに見えるだけで、足を踏み込むとやることやトラップが山ほどありますので、登記の体験がしたい!という方を除いては、司法書士選びの点で気を付けるのが最も効率が良いと思います。

 

 

2.「登記、公正証書文案作成を専門家に頼むメリットを知りたい」

WEBサイトにも記載させていただいてますが、箇条書きにすると次のような点でしょうか。

 

・とにかく早く時間が無駄にならない

・難しいところは全部やってくれるので労力がかからない

・疑問点はすぐに解消でき調べる手間がかからない

・難しい論点は専門家が代わりに考えるのでシンプルに手続きを進められる

・手続きの困難さからくる精神的なストレスを防止できる

・後日のトラブルを防止できる

・散らばった情報を全て勝手に整理してくれる 

・事故の可能性がほとんどない

 

その他のメリットはクライアント様次第だと思います。

 

僕は美容師免許を持ってるので美容師で例えても、

「美容師に髪を切ってもらうメリットはなんですか?」と質問されても同じように、失敗しない事や、手軽さ、後悔の予防、事故の予防などお答えすると思いますので、士業、師業全般に言えることかもしれませんね。

 

 

 

3.「大雑把な見積もりが欲しいんだけど貰えますか?」

 

報酬部分に関してであれば、お手元に謄本をご準備いただければ算出可能です。 

登記費用のうち、実費や税金は確定するまでは正確なものをご案内することができませんが、固定資産税納税通知書をご準備いただければ、こちらもある程度算出可能です。

 

ただし、弊所では見積については後日のトラブルを避けるため、高めの金額でお出ししておりますので、相見積もりされる場合には事前にお知らせください。(最初は安くしておいて、手続き途中で加算する報酬体系の事務所には相見積もりで絶対に勝てないので…。) その場合はお電話口でのご案内になりますのでご了承ください。 

 

 

4.「どれくらいの期間がかかるのか知りたい」

登記手続きの目安は1ヶ月~3ヶ月です。もっと詳しく記載すると次のようになります。 

 

公正証書遺言    1~3週間

相続登記      1~3ヶ月

相続手続全般    1~6か月

贈与の移転     1ヶ月

財産分与の移転   1ヶ月 

会社設立      2週間~1ヶ月

金融機関が絡む登記 2~3ヶ月

登記申請~完了、成果品の受け渡し 2~3週間

 

当事務所は基本的に「ボールがきたら最速で返す」というのをモットーにしておりますので、後は当事者の方々や公証人の先生や法務局など関係者の皆様の動き次第という感じですね。

 

以上、ご参考になれば幸いです。